現在シドニー在住の鬼嫁ブログ♪


by lollipopcupcake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キャンベラでの休日

今日は、日曜日。 だいたい毎週末家にいるときは、遅くおきて夕方に買い物に出かける。
買い物先はたいていは週末にやっている市場(マーケット)に行く。
フィッシュウィックというエリアでは工場、家具屋さんやキャンベラで唯一営業が認可されているアダルトショップ(?)などが密集している。

そこに毎週末だけオープンする「フィッシュウィックフレッシュフードマーケット」はある。
いくつかの八百屋さんと、ヨーロッパ系食品店、アジア食品店、肉屋、魚屋、ベーカリー、ペットショップ等が軒を連ねて営業している。 なかでも、八百屋さんは4軒ほどあり日曜日の4時位になると競うようにして野菜の叩き売りをする。
その活気はまるで上野のアメ横の年末の風景のようでとても楽しい。 しかも安い!
10kgの人参が7㌦とか、JapanesePumpkinが半分で1ドル未満とか。 とにかく安い!

私たちはたいてい3時ごろ出向き、そこにあるイタリア人が経営しているカフェ兼食料店でピザとコーヒーを頼んで一息するのが小さな贅沢になっている。
そこのカプチーノは絶品♪泡も多くてコーヒーもしっかりとした太い味わい♪

今日も、格安で新鮮な野菜たちを手に入れた。 合計9点で10ドル!!
これで、一週間分の野菜たちは確保できた。
東京にいたときは、市場なんていったこと無かったけど、本当に雰囲気が楽しい。

キャンベラだけではなく、マーケットはオーストラリアではポピュラーなものらしいからいろんなところで見かけることができると思う。

↓ 家から見えたコックトゥー(オウムの種類かな?)の写真。
b0001528_22165440.jpg

[PR]
# by lollipopcupcake | 2004-07-25 21:49 | Australia

キャンベラ食事情

ここ、キャンベラではシドニーやメルボルンほどアジア系の人たちの割合が少ない。
そのため、シドニーやメルボルンのチャイナタウンのようなエスニックタウンはなく、よって食材も入手しにくいのが今の現状。

とはいっても、まったく手に入らないわけではない。
たいていはCityやその他の大きめな町に赴けば、1軒はアジアの食材屋がある。 大きさにもよるが、中国や韓国、タイ等の食材をはじめ日本食もそろっている。 また経営しているのが中国系のオーナーなら中国の食材を中心に、韓国人のオーナーなら韓国の食材を主に扱っているようだ。

だいたい、すしを作るときの「すし太郎」や味噌、醤油などの調味料はどこにでもそろっている。 留学生活でかかせない納豆もそろえてあるが、入荷されるとすぐに安い4個パックのものがなくなるので、いつもまめにチェックしている。(笑)
[PR]
# by lollipopcupcake | 2004-07-23 14:35 | Food

出会い

オーストラリア人のダーリンとは付き合って1年半ちょいが経った。
出会いは私が大学に入る直前の春、ママと一緒にホテルのランチバイキングに行ったときにハリウッドの子役と見間違え声をかけたのがきっかけ。今考えると可笑しいくらい似てないのに・・・(苦笑)
そのときの彼は、静岡に来ていた交換留学生でホストマザーと一緒だった。
英語がまだ乏しかった私は彼のホストマザーをてっきり通訳の人かなんかかと思って、「サイン欲しいんですけど、OO君ですよね?」 と何の疑いもなく聞いてしまった。
もちろん、彼女は「えっ??ただの留学生ですけど・・・」と驚いた様子。 私は赤面!!
慌てて母が待つテーブルに帰ったのもつかの間、彼のホストマザーがまたやってきて「これもなんかの縁だから、一緒にお茶でもどうですか?彼日本語はなせますので。」と招待されてしまった。 それから、いろんなことを話して連絡先を交換した程度でそのときは終わった。

それから、4年後。 私が大学3年の頃、突然携帯が見知らぬ番号でなった。
なんと、あまり連絡もしていなかった彼だった。
それから彼との付き合いが始まった。
なんともうちららしい変な縁で付き合いが始まって今に至るのだ。
[PR]
# by lollipopcupcake | 2004-07-22 17:36 | Love

自己紹介

Lollipopcupcakeのブログへようこそ。
ただ今、オーストラリアの首都キャンベラに留学中の22歳です。
私のニックネームは私の大好きなTV番組「Queer eye for the straght guy]という番組でゲイの男性4人組がストレートの男の人を毎週お洒落に変身させるというものなんですが、その中の、カルソンというゲイの人がよく人を呼ぶのにダーリンやハニーのように「ロリポップ」「カップケーキ」などと呼ぶのが気に入ってつけました。

オーストラリアのTAFEと呼ばれる専門学校でビジネスのコースを選考しています。
将来はエグゼクティブセクレタリー(上役クラス付き秘書)目指して勉強中です。

このページでは、日々あった学校での出来事、生活、日々の食事事情や、付き合って1年半になるダーリンとの出来事などをアップデートしていきます

応援よろしく。
b0001528_168174.jpg

[PR]
# by lollipopcupcake | 2004-07-22 16:10 | About myself

オーストラリアも色々

オーストラリアと最初に聞いてみなさんはどんなイメージをするだろうか。
私はまだ訪れたことのないころ、「青い海が広がってコアラとカンガルーに会える」という程のイメージしかなかった。
ところが、実際訪れてみるとそのイメージはすぐに崩され、乾燥した赤土にだだっ広い景色が永遠と広がるのに圧倒されたのを今でも鮮明に覚えている。
また、一概にオーストラリアとはと言い切れないところもオーストラリアの魅力だろう。
オーストラリアは州によってまったく違う景観を持っていると言っても過言ではない。 私自身全てのオーストラリアを制覇したわけではないが、すくなくとも、北と南では気候も違えば、生息している動植物もガラっと変わってしまう。

私が、住んでいるオーストラリアの首都キャンベラは、山と山の間にある人工的な都市で、冬は寒く、夏は暑いという京都のような気候だ。
キャンベラは大きな都市ではなくここが首都なのか疑いたくなるほどこじんまりとした街だ。
Cityの中心から少し離れれば、広大な丘の景色が広がる。 朝や夕方になれば道路の近くで草を食べているカンガルー集団もしょっちゅう見ることができる。
私は未だに、カンガルーが道路の脇で見ることができるのが信じられないでいる。(笑)
ゆったりとした時間と、自然あふれるキャンベラが私はとても気に入っている。
b0001528_1615572.jpg

[PR]
# by lollipopcupcake | 2004-07-22 15:37 | Australia